Hatebu::Classic

2018年7月17日 | 日刊工業新聞 電子版www.nikkan.co.jp

早稲田大学の藤枝俊宣准教授と山岸健人博士、防衛医科大学校の守本祐司教授らは、体内組織にシールのように貼るがん治療用の無線給電式発光デバイスを開発した。マウスに使用したところデバイスは2週間以上生体に固定することができ、腫瘍を消失させた。新しい光がん治療システムとして活用が期待され... 続きを読む マイクリップ登録する
表示できるコメントがありません2018/07/17 14:39