Hatebu::Classic

「これ、どこが面白いの?」 『ダンケルク』が描く“事象”としての戦争、描かれない内面 - ねとらぼnlab.itmedia.co.jp

クリストファー・ノーラン監督の新作、 『ダンケルク』 。第二次世界大戦前半の大きな転換点となった、フランスからのイギリス大陸派遣軍およびフランス軍の撤退作戦を、現場の兵士たちや救出に向かう民間船の目線で描いた作品です。 先日筆者も劇場まで見に行ったのですが、印象的だったのが 「結局これどこが面白いの!?」 と喋りながら出てきた観客がいたことでした。そう言いたくなる気持ちは非常によく分かります。なんせ『ダンケルク』は普通の映画と異なり、「キャラクターと…
表示できるコメントがありません2018/01/18 14:37