Hatebu::Classic

ニュース解説 - システム刷新に失敗した京都市、ITベンダーと契約解除で訴訟の可能性も:ITproitpro.nikkeibp.co.jp

京都市は2017年10月11日、NEC製メインフレームで稼働している基幹業務システムの刷新プロジェクトについて、バッチ処理プログラムの移行業務を委託していたシステムズ(東京・品川)との業務委託契約を解除したと 発表 した。作業の遅れで京都市は既に稼働時期を2017年1月から2018年1月に延期していたが、それがさらに遅れて2020年になる見込みである。新システムの稼働時期は、当初予定よりも3年以上の遅れとなりそうだ。 京都市は2014年から81億円を投じて、国民健康保険や介護保険…
表示できるコメントがありません2017/12/17 13:22